スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆ロードショー 2月号☆
2007-12-20 Thu 22:13
ロードショー2月号

071220

クリック拡大
071220-1

クリック拡大
071220-2

クリック拡大
付録生写真


本日発売のロードショーです白服ジョニーの生写真付いてました集英社 定価¥880ぷーさんみんな、買いに行こうねちょいと、手抜きして、見開いたままスキャンしたので、真中が変でしょ他に何ページかジョニーの特集が載ってましたよピンクのきらきら

今日は一体朝からいくつしたんだっけ・・・みんな見きれないよね本当にありがたいことですぷーさん今日はYUKIさん、めぐりんのおかげだね感謝してま~す
下にも記事があるので、見てってね
スポンサーサイト
別窓 | Sweeney Todd | コメント:6 | top↑
☆レッドカーペット観覧応募☆
2007-12-20 Thu 21:01
レッドカーペット応募情報

映画生活

10組20名
締切12月27日
要・会員登録(無料)
パソコンから

レッドカーペット応募はココ
どれを載せたかわからんようになっちゃってますダブってたらゴメンねー


ザ・テレビジョンWeb
10組20名
締切12月25日

パソコンから

レッドカーペット応募はココ


調べたら~どんどん出てくるわ
大量募集よ


Oz mall
150組300名
締切12月25日
要・会員登録(無料)
パソコンから
応募はココ



AOL
25組50名
締切12月27日
パソコンから

応募はココ

全て父ちゃんからの情報です

こんなにたくさん、ありがとう
別窓 | Sweeney Todd | コメント:4 | top↑
☆クリスマス イブ 後編☆
2007-12-20 Thu 14:19


タイトル名



ファンシーくまさん by EIM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


これは、YUKIさんの書いてくださった、chirstmas eve を基に女性の視点からみたファンフィクション(二次小説)です。YUKIさんの書いて下さった、文学的な要素を基に、少しでもハーレクイン ロマンス風になるように仕上げてみたつもりです。興味のある方のみ読んでみてねぷーさん

             クリスマス イブ 後編


太陽はゆっくりと輝きを失い、辺りは夕暮れの帳を降ろし始めた。

そっと彼の腕に寄り添い甘えてみたくなった。

彼も、それに気づき、吸っていたタバコを海に投げ捨て、私の肩をそっと抱き寄せてくれた。

彼の温もりを感じ、さっきまでの不安も拭い去り一瞬にして心が暖かくなった。

サンタクロースがほんとにいるなら、どうかこのまま時間が止めてください。

そうつぶやきながら、そっと目を閉じた。

そんな束の間の安らぎをさえぎるかのように後方から乗船受付を促すアナウンスが聞こえる。

そうだわ!行かなくちゃ・・。

夜にディナークルーズの予約をしているんだった。私は彼に告げると受付場所へ急いだ。

ふたり分の受付を済ませ、ハーバーに戻ると、先程の場所に彼が居ない。

一瞬場所を間違えたかと、冷静になって周囲を見渡すが、やはり彼らしき姿は無い。

どこに行ってしまったんだろ・・・

急にまた仕事?・・・それならそうと一言くらい・・・

さっきまでの幸せな時間はなんだったの?

やっぱり、イブに仕事を休むのは無理をさせてしまってたのかな・・・

無理させてた事、気づいてあげられないなんて馬鹿な私・・・

あははッ・・・こんなに着飾って期待して、私ったら、一人でなにやってるんだろ・・


今度はいつ会えるのかさえもわからない・・・


頬をつたう冷たい涙を手のひらで拭い去り、こんな時こそピエロのように笑おうと

彼と出逢ったときの楽しかった事を必死で思い出そうとしていた。

人々が停泊している客船の前に集まり始める。夕暮れに包まれた空に真っ白な船体がライト

アップされ 瞬き始めた。

船の出入り口が開き、タラップがゆっくり岸へ降ろされる。

イブのディナークルーズだけあって、周りは、幸せそうなカップルばかり。

船員に案内されながら、人々がタラップを楽しそうに弾むような足取りで渡ってゆくのを見るの

は、取り残された今の私にとって、とても辛過ぎる。

いくら笑って見せても一人でクルーズを楽しめる余裕なんてあるわけない。

俳優という職業の彼を好きになった自分を今更ながら悔やんでみた。

どうして彼を好きになってしまったのだろうと、いつものように、答えの出ない疑問を投げかけながら、この場を立ち去ろうと向きを変えた。

その瞬間・・・

背後から腕をギシッと強く何者かにつかまれ、抱き寄せられた。


彼の愛用のherの香りが漂った。一瞬にしてそれが彼だとわかった。

なにが起きたのか頭の中で整理できないまま、さっきまでの、絶望的な感情から、一気に天国へ運んでくれるような幸せがこみ上げてきた。


   話は後から、とにかく急ごう。


     ・・・うん

出航時刻となった事を告げる船員の声に促されるようにして


すぐにふたりでタラップを渡る。

 船は勢い良くエンジン音を作動させる。ゆっくりと大きく旋回を始めた船の振動が体に伝わる。
錨が海底から飛沫を上げながら引き上げられ、ガラガラと重そうな音を立てながら、
船体へ収容されてゆく。
岸では、こちらへ手を振る人々が見える。船から見える対岸は、建物のイルミネーションが眩しく輝いて夜の海にゆらゆらと揺れながら光を映す。
建物に隣接する小さな遊園地から笑い叫ぶ声が乗り物の音と一緒に、時折 聞こえてくる。
観覧車が派手な電飾に瞬き、ゆっくりと回り続ける。
デッキでは数組の男女が寄り添い、思い思いの場所で佇む。
私は穏やかに前進する動きと反対に、後方へ遠ざかる港の景色を 潮風に髪を弄られながら見ていた。
潮風が強く体を揺さぶって来る。首をすくめ、腕を手でさする。
彼が私の背後から腕を回し、静かに私の体ごと抱きしめる。
一瞬で鼓動は早くなる。
彼の頬が私の頬に重なり、首筋に彼の温かい息が掛かる。

耳元で彼が囁いた。

   ・・さっきのあの男は誰なんだ?

   ・・あの男?

いきなり現実に引き戻されたかのような ぶしつけな質問に私の頭は混乱する。
・・!?
    もしかして・・先輩の事?

彼を振り返る。
夜の闇の中にサングラスを取った彼の瞳は穏やかな中にも射る様な視線で私を見据える。その瞳の迫力に圧倒されつつも、返答する。

彼は再び私を強く抱きしめる。

   ・・俺の前で他の男と話をするな。

低い声で呟く。

   ・・私は金槌で打たれたような衝撃が体に走った。

まさか・・・彼が・・嫉妬している?彼が・・!?

熱いものが込み上げ、目の前の彼が潤んで見えなくなってゆく。

彼の背中に腕を回し強く抱きしめ大きな胸に顔をうずめた。

彼はそっと私の頬に片手を当て彼の方を向かせた。。彼の手がとても温かく感じた。

・・うつむいたままだった私が、ふと顔を上げると、彼は私の頬に唇を重ねた。

ほのかにタバコの匂いがした。

・・下から聞こえる波の音が次第に遠ざかる。

彼への想いで胸は張り裂けそうになり、愛しさと切なさで涙が溢れ、彼もまた、狂おしいほどの力強い愛で、そんな私の全てを受け止めてくれた。

・・抱き合ったままのふたりに寒さなど入り込む隙は無かった。

  怖いくらい幸せ・・。

  サンタクロースに願い事なんていらない・・・

  私は今、彼の腕の中には居るもの・・・

  これ以上の贈り物なんて何も望まない・・・


 ディナーの準備が出来たアナウンスが聞こえる。

我に返った私は、彼が姿を消していた理由わけを聞いた。

彼は思いだしたかのように、セーターのポケットから小さな小箱を取り出した。

赤と金のリボンが掛けられている。彼の瞳に促され、リボンを紐解く。

   もしかしてリング・・とか?

期待に胸を躍らせながら、そっと箱の蓋を開ける。

中から、弾むように小さなサンタとトナカイが飛び出して来た。

これは・・・・。 待ち合わせ場所で一際目に留まったアンティークショップに並んでいたオブジェ・・・。


 声にならない叫び声が出てしまう。もう一度良く見ると、ゆらゆら揺れるバネの上に
サンタとトナカイが抱き合って揺れている。
・・・・。

   なんて可愛いの・・・これをわざわざ・・?

無言のまま優しい眼差しで、普段は見せたことの無い、はにかんだ表情を私に向けた。

 そっか・・・アンティークショップの時からずっと、見ていたのね・・・。だから・・・ 

と言って笑った。

・・悔しいが、少年のような悪戯っ気のある瞳で笑われると、心配させられた怒りは何処かへ

消え去ってしまう。

わざと素っ気無く御礼を述べると、ディナーの待つ個室へと急いだ。

   
すぐ後を追ってくる彼は、機嫌を伺うように私の顔を覗き込む。

私は微笑みたくなる衝動を必死で抑え、横目で彼を睨む。

彼の口元に浮かんでいた笑みは消え、すぐ真面目な表情に戻り、両手を胸の前に合わせ頭を下げるいつものポーズを気取ってみせた。

 ディナーテーブルの上に置かれた小箱から小さく揺れる抱き合うサンタとトナカイは

温かく柔らかい光を放つ照明の下で、まるで私たち二人のように、幸せそうな表情を浮かべて

いるように思えた。


           Fin
 BY YUKI&BOOH
別窓 | 二次小説&ポエム | コメント:16 | top↑
☆Sweeney Todd レッドカーペット応募のご案内☆
2007-12-20 Thu 07:41
またまたレッドカーペットの募集見つけたよ

PCサイト「BIG LOBE」にて募集
50組100名
ただし~「BIG LOBE」カフェ会員登録(無料)の必要あり

のURLから入ってね

応募はココから



今日は花盛りです

PREMIERE
10組20名
締切12月25日
パソコンから
応募はココから



livedoor
10組20名
締切12月24日
パソコンから
応募はココから



Woman excite
25組50名
締切12月26日
パソコンから

応募はココから

さあどんどん応募だぞい

またまたまた~レッドカーペット募集

ポータルサイトpakila
10組20名
締切12月27日
会員登録しないとダメみたいだけど無料なので~

パソコンからURLへ

応募はココから



父ちゃん(本当はとっても女らしいめぐりん)こんなにも、情報ありがとうUP遅くなりごめんにょ~~ぷーさん
※慌ててUPしたので、違ってたら教えて下さい。ごめんね。さ~仕事仕事
別窓 | Sweeney Todd | コメント:5 | top↑
| カリブル隊 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。