スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆ The Last Steps of John Dillinger ☆
2008-07-24 Thu 00:00
1934年の昨日7月22日

デリンジャーの命日でした ジョニーも、きっと、冥福を祈ってたことでしょうねアーメン

20の日には、当時と同じ映画を同じ値段で観られるようイベントもあったんですって

The Biograph Theater
The Biograph Theater


ここからは、ネタばれ注意もう何回も出てきてるけど~

私達の100年の歴史において最も有名なケースの1つ、今日記念日を祝福します。
1934年7月22日に、バイオグラフィー劇場を去ったすぐ後に、ギャング ジョン・ディリンジャーはシカゴで殺されました。そこで、皮肉にも、彼はクラーク・ゲーブル主演のギャング映画を見た後でした。。


map
       バイオグラフィー劇場の警察の張込みの図生々しい~


警察の張込み場所は両方の劇場のために手配されました。
私達のデリンジャーファイル(バイオグラフィーの図)からの手書きされた文書は劇場のまわりで、そして通りを横切って約20人の人の配置を説明します。
図は各手紙の隣の「X」によって手紙に劇場切符売り場の外の「A」、「B」、および「C」を示します。
伝説は手紙の意義を識別します:
「デリンジャー友人」「デリンジャー」「情報提供者」




情報提供者?アンナセージ?はデリンジャー達がバイオグラフィーに行ったと言うために、その日曜日にパーヴィス宛午後8:30に電話しました。

2時間後、デリンジャーは彼の2人の仲間と劇場から出現しました。
パーヴィスは、近くで立って、葉巻きに点火しました。
それが彼の部下が忍び寄る為の合図でした。

彼らがした事で、デリンジャーは、何が起こっていたかを理解し、彼のピストルを取ろうと手を伸ばしました。
エージェントは発砲し、デリンジャーに当たりました。バンバン
彼はよろめき、それから、倒れました。

デリンジャーの死はギャング時代の終わりを伝えたけれども、それらの時代への国家の愛着は生き長らえています。
マイケル・マンによって監督されたデリンジャーについての新しい映画は次の7月にリリースの予定です。
映画、"Public enemies" はパーヴィスとしてクリスチャン・ベールをデリンジャーとしてジョニー・デップを主演させます。


デリンジャー         dillingercolt
デリンジャー                  デリンジャーに迫ったdillingercolt 



PE未見4
お気に入りのデリンジャー役のジョニー


あ~早くみたいな~もう、一年も待ちきれな~~いジョニー早く姿を見せて~



ココの記事を部分的に訳しました違ってたら教えてね
元記事

ジョニーに振り向いてもらえるまで・・・

あひるちゃんポチして応援よろしくねアイコン







スポンサーサイト
別窓 | PUBLIC ENEMIES | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
| カリブル隊 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。