スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆ ネバーランドを読んで・・・  by クッキー ☆
2008-08-16 Sat 00:00
 『ピーターパンの物語は、悲しみを乗り超える為に生まれた--
 たくさんの透き通った涙を、夢と希望に変えて・・・・・・』






タタタ タタタ タタタ タタタ タンたたん

タタタ タタタ タタタ タタタ タンたたン~~~





 妖精を信じますか
妖精を信じるなら、手を叩いて・・
もっと、強く・・・
ピーターパンを演じるアクターは、言います。。


すぐさま、答えるように手を叩いたのは、
今まで、
バリを、受け入れようとしなかった
おばぁさんだっだのです。。。。(ビックリ)

その、おばぁさんが
すべてを許諾し・・誰よりも力強く手を叩く・・・・
もう、このシーンで、
、号泣第1弾突入していまったのです。。。





  1903年ロンドン。。
緑眩しい、ケンジントン公園へ散歩に出かけた劇作家のジェームス・バリは
若くて美しい未亡人シルビァと4人の子供達と知り合います。。

彼らとの交流を
数々の想像力と、楽しみながらの遊びのなかで・・
名作「ピーターパン」が、生まれていくのです。。。



ピーターパンの物語は、ディズニーアニメ娘が幼い頃より
大好きでした。。
右から2番目のをめざして~~~~~
夢のネバーランドへ、、いざ・・・
((このファンタジーを作った劇作家をジョニーが演じてくれる
これもまた。。夢のよう・・・・・))


そして☆★☆~


あまたある、、大好きなシーン”。。。


 シルビァたちが、お茶していると・・
登場前から、
ガァガァと・・ドアのガラスに映りながら
バリが、やってきます。。。(爆・・)

大きな、大きな、羽飾り、、(インディアン風・・)つけ、、
顔には、ペインティング(デッドマンを彷彿??)
手には、、
機械仕掛けのアヒル・・・・(このアヒルが、マーク監督とジョニーと
はまっていたそう、、首をふるのですょ。。)
子供達は、噴出し・・
おばぁさんは、訝しげに見・・・
それでも、バリは、きょとんとし~~~
シルビァ「お帽子(羽飾り)、預かるわ・・」と・・(笑・・)
私も
何度見ても、ふきだし、声をあげて笑ってしまいます。。。
おばぁさんに、苦言を呈されて、帰宅するときも
お顔とアヒルは、そのままで~~~~~

ネバーランド24





  大きな木のある公園での。凧あげのシーン

小さなマイケルには、まだ、まだみんな無理だと・・・
しかし、バリは、
みんなで、信じるんだ。疑ってはいけないと・・と
犬のポーソスの鈴をかり
みんなで、声援をおくります。
速く、走るんだ------

突き抜けるような青天に・・
黄色い凧が、揚がった瞬間は、誰しも、拍手してしまうと思います。

緑の芝生に、マイケルと、凧の影法師も揺れ。。
ポーソスのも、太陽の光を浴び、きらきら輝きます。。。


高く高く舞い上がった凧・・・
子供たちの、あふれる笑顔・・・
このときの俯瞰からの映像も、大きな木も、素晴らしく見事です。。

おばぁさんが、フック船長に

「今日ばりさんを食べていい
「バリさんとでしょう~~」と
凧上げから、楽しげに会話しながら帰ってくると・・

おばぁさんが、玄関で、待っていました。
手には、なにやらフックのようなものが~~~~

子供たちを厳格に注意をしているさながら・・
バリの目には、
まさしく。。フック船長にみえたかのようで
衣装まで、袖口にレースがついていましたネ。。。
(細かい演出に拍手・・



  バリとベッドを共にしているものは、、誰~~~

バリが、明け方、フトンをひっぱると
隣で、寝ているものが
又。。フトンをひっぱり返します。
くぅーーー
羨望のまなざしをぶつける相手は
・・・ポーソスくんでしたぁ。。(笑・・)
夫婦の寝室のドアが、ふたつある中での
とっても、、ホッとし、和むシーン。
のお気に入りなのです~~~。。。


最後のピーターとのベンチのシーン


 


もう・・・・言わずもがな、、涙。なみだ。涙 。。


あえて、、ここでは、申しますまい・・

ただ、、
ピーターが、「・・・おかあさん、見えたよ。・・」に
バリが、、肩を何度も、何度も、ぎゅぎゅって
抱きしめて、あげるのです。。
その指が、すべてを語っているかのように・・・
ピーター・・
バリの懐に、いつまでもいざなっていてね・・・・。。。


ネバーランド1


ネバーランド2


ネバーランド23






 もう何度も、ご鑑賞済みでしょうけれども
また、観る機会がありましたら
どうか・・
エンディングのピアノ・ソロにも、耳を傾けてみてください・・・

これは、
音楽担当の、ポーランドの友人の方が、楽譜にはない、
即興で、各テーマについて1時間ほど
そのテーマを自由につないで、奏でたリフレーンだそうです。。。

音楽が生み出されていく現場に居合わせられて、
感動で、体が震える思いがした。。と
製作;リチャード氏は、コメンタリーで語っていました。。。


ピアノ独特のかぼそく、繊細で、
ピァニッシモな・・ピュアな高音部・・

胸に力強く響く重厚な、フォルテな低音部・・・
ピアノ・ソロだけで、これほど
生きる希望。勇気。。みなぎらせてくれる表現力
も、、心振るわせられ・・今なお、感動しています。。。

そこには、あたかも、、
ネバー・ランドが、見えるようです・・
この、 原題は、ファインディング・ネバー・ランド”
そして・・
のネバー・ランド も、ちょっぴり見えた気がします。。。


 画面は、フェード・アウトで終えていきます。。
  ベンチと、傘と、帽子だけ・・・
命あるものは消え、、
無生物のものだけがのこるんだと・・・と。

「ピーターパン」誕生から、、100年あまり~
たとえ、時代が移り行くとも・・
大切なものは、人々のこころのなかに、
バリの、想い。とともに、、不変に・・・。。。


     ----やっと。おしまい----


いつもながら、長々しい駄文におつきあいくださりまして
ありがとうございました。。。
ペコペコ・・・・                       by クッキー
 





ジョニーに振り向いてもらえるまで・・・

あひるちゃんポチして応援よろしくねアイコン






スポンサーサイト
別窓 | 思い出のジョニー映画 | コメント:17 | トラックバック:0 | top↑
| カリブル隊 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。