スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆  "The Rum Diaries,"  3月に撮影開始のようです  ☆
2009-01-31 Sat 16:52
ジョニー・デップ、"The Rum Diaries"の次の映画の企画は、近年,島で撮影された主要なハリウッド製品の1つになるでしょう。

実のところ、プロジェクトと結び付いた関係者は、ハンターS.トンプソンによるその本に基づいた映画が50日以上の間ここで完全に撮られるであろうということを明らかにしました。


「アルゼンチン」と「ヤギを凝視する人」(それは各々1200万ドルを寄付しました)のそれより大きい経済的影響を表します。

これまで、それは、3月末に撮影が始まると見られています。


ヘレン・ゴードン、ローカルなフィルムマネジャーは、様々な部門のプロダクションがまだ編成されていると昨日El Nuevo Diaで言いました。


現在、"The Rum Diaries"の製作者と結び付いた製造監督者、コーディネーター、および会計士は撮影の開始に表示によって国で最終検査を作っています。


その間、これまで、唯一の俳優デップが確認されるので、米国に、キャストを選ぶオーディションのプロセスがあります。

ローカルで、タレントディレクター パトリシア・アロンソは撮影にたくさん必要とするであろうと思われる、「エキストラ」について試験をしています。

ローカルな俳優が主要なキャストを作るであろうという確信が全然ありません。

そしてまた、何人のプエルトリコ専門家がフィルムに取り組むであろうかは正確には知られていません。

なぜならば、それが千人を超える雇用を創出するであろうという意識において言われていることに反して決定は、撮影場所の選択とそこのいくつがそうであるであろうかに依存します。

彼らが、来週選ばれることを望んでいる、それが、サンフワンに加えて島の北岸での他のエリアを予期していたことである。

映画の計画は50年代の終わりのプエルトリコのジャーナリストとしてのハンターの経験に漠然と基づきます。

エロティックな三角関係が出現する所で、デップはパウル・ケンプ役として、多様で、セルフチームSanjuanero新聞社で、働いている記者を演じるでしょう。



The Rum Diariesは、明らかにし 90年代後半から計画されています。



それが2003年にプロジェクトにベニチオdel Toroと結び付いて以来、プエルトリコは、オプションでありはじめました。
それから、俳優は、プエルトリコがそのディレクターであるであろうと言いました。



2005年、プロダクションチームは再び興味を示した。しかし、「カリブの海賊」の3部作がデップが主演のため、プロジェクトは再び延期されました。


プロダクションはもう少しでメキシコを選びそうになった後に、ここで撮影のアイデアは2008年に統合されました。


8月に、生産チームは、撮影場所を選ぶために9月に2週間「スカウト」を行かせる決定をしました。


そして、ジョニー・デップは、このプロセスに加わるであろうという噂でした。


最終的に、11月初めに、製作者は、ジャニスPolley(撮影場所を探すエキスパート)を行かせました。


Polleyの提案を見た後に、ここで撮影の為に、プロダクションはプエルトリコのフィルム社との合意に達しました。











スペイン語元記事を英語に訳してくださったのがココ↓

                            英語元記事

時間掛かったけど・・・訳せた~~(+o+)
少々違うかも知れないけど、大筋はわかるよね!



ジョニーに振り向いてもらえるまで・・・

あひるちゃんポチして応援よろしくねアイコン









スポンサーサイト
別窓 | The Rum Diaries | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| カリブル隊 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。