スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
☆クリスマス イブ 後編☆
2007-12-20 Thu 14:19


タイトル名



ファンシーくまさん by EIM
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


これは、YUKIさんの書いてくださった、chirstmas eve を基に女性の視点からみたファンフィクション(二次小説)です。YUKIさんの書いて下さった、文学的な要素を基に、少しでもハーレクイン ロマンス風になるように仕上げてみたつもりです。興味のある方のみ読んでみてねぷーさん

             クリスマス イブ 後編


太陽はゆっくりと輝きを失い、辺りは夕暮れの帳を降ろし始めた。

そっと彼の腕に寄り添い甘えてみたくなった。

彼も、それに気づき、吸っていたタバコを海に投げ捨て、私の肩をそっと抱き寄せてくれた。

彼の温もりを感じ、さっきまでの不安も拭い去り一瞬にして心が暖かくなった。

サンタクロースがほんとにいるなら、どうかこのまま時間が止めてください。

そうつぶやきながら、そっと目を閉じた。

そんな束の間の安らぎをさえぎるかのように後方から乗船受付を促すアナウンスが聞こえる。

そうだわ!行かなくちゃ・・。

夜にディナークルーズの予約をしているんだった。私は彼に告げると受付場所へ急いだ。

ふたり分の受付を済ませ、ハーバーに戻ると、先程の場所に彼が居ない。

一瞬場所を間違えたかと、冷静になって周囲を見渡すが、やはり彼らしき姿は無い。

どこに行ってしまったんだろ・・・

急にまた仕事?・・・それならそうと一言くらい・・・

さっきまでの幸せな時間はなんだったの?

やっぱり、イブに仕事を休むのは無理をさせてしまってたのかな・・・

無理させてた事、気づいてあげられないなんて馬鹿な私・・・

あははッ・・・こんなに着飾って期待して、私ったら、一人でなにやってるんだろ・・


今度はいつ会えるのかさえもわからない・・・


頬をつたう冷たい涙を手のひらで拭い去り、こんな時こそピエロのように笑おうと

彼と出逢ったときの楽しかった事を必死で思い出そうとしていた。

人々が停泊している客船の前に集まり始める。夕暮れに包まれた空に真っ白な船体がライト

アップされ 瞬き始めた。

船の出入り口が開き、タラップがゆっくり岸へ降ろされる。

イブのディナークルーズだけあって、周りは、幸せそうなカップルばかり。

船員に案内されながら、人々がタラップを楽しそうに弾むような足取りで渡ってゆくのを見るの

は、取り残された今の私にとって、とても辛過ぎる。

いくら笑って見せても一人でクルーズを楽しめる余裕なんてあるわけない。

俳優という職業の彼を好きになった自分を今更ながら悔やんでみた。

どうして彼を好きになってしまったのだろうと、いつものように、答えの出ない疑問を投げかけながら、この場を立ち去ろうと向きを変えた。

その瞬間・・・

背後から腕をギシッと強く何者かにつかまれ、抱き寄せられた。


彼の愛用のherの香りが漂った。一瞬にしてそれが彼だとわかった。

なにが起きたのか頭の中で整理できないまま、さっきまでの、絶望的な感情から、一気に天国へ運んでくれるような幸せがこみ上げてきた。


   話は後から、とにかく急ごう。


     ・・・うん

出航時刻となった事を告げる船員の声に促されるようにして


すぐにふたりでタラップを渡る。

 船は勢い良くエンジン音を作動させる。ゆっくりと大きく旋回を始めた船の振動が体に伝わる。
錨が海底から飛沫を上げながら引き上げられ、ガラガラと重そうな音を立てながら、
船体へ収容されてゆく。
岸では、こちらへ手を振る人々が見える。船から見える対岸は、建物のイルミネーションが眩しく輝いて夜の海にゆらゆらと揺れながら光を映す。
建物に隣接する小さな遊園地から笑い叫ぶ声が乗り物の音と一緒に、時折 聞こえてくる。
観覧車が派手な電飾に瞬き、ゆっくりと回り続ける。
デッキでは数組の男女が寄り添い、思い思いの場所で佇む。
私は穏やかに前進する動きと反対に、後方へ遠ざかる港の景色を 潮風に髪を弄られながら見ていた。
潮風が強く体を揺さぶって来る。首をすくめ、腕を手でさする。
彼が私の背後から腕を回し、静かに私の体ごと抱きしめる。
一瞬で鼓動は早くなる。
彼の頬が私の頬に重なり、首筋に彼の温かい息が掛かる。

耳元で彼が囁いた。

   ・・さっきのあの男は誰なんだ?

   ・・あの男?

いきなり現実に引き戻されたかのような ぶしつけな質問に私の頭は混乱する。
・・!?
    もしかして・・先輩の事?

彼を振り返る。
夜の闇の中にサングラスを取った彼の瞳は穏やかな中にも射る様な視線で私を見据える。その瞳の迫力に圧倒されつつも、返答する。

彼は再び私を強く抱きしめる。

   ・・俺の前で他の男と話をするな。

低い声で呟く。

   ・・私は金槌で打たれたような衝撃が体に走った。

まさか・・・彼が・・嫉妬している?彼が・・!?

熱いものが込み上げ、目の前の彼が潤んで見えなくなってゆく。

彼の背中に腕を回し強く抱きしめ大きな胸に顔をうずめた。

彼はそっと私の頬に片手を当て彼の方を向かせた。。彼の手がとても温かく感じた。

・・うつむいたままだった私が、ふと顔を上げると、彼は私の頬に唇を重ねた。

ほのかにタバコの匂いがした。

・・下から聞こえる波の音が次第に遠ざかる。

彼への想いで胸は張り裂けそうになり、愛しさと切なさで涙が溢れ、彼もまた、狂おしいほどの力強い愛で、そんな私の全てを受け止めてくれた。

・・抱き合ったままのふたりに寒さなど入り込む隙は無かった。

  怖いくらい幸せ・・。

  サンタクロースに願い事なんていらない・・・

  私は今、彼の腕の中には居るもの・・・

  これ以上の贈り物なんて何も望まない・・・


 ディナーの準備が出来たアナウンスが聞こえる。

我に返った私は、彼が姿を消していた理由わけを聞いた。

彼は思いだしたかのように、セーターのポケットから小さな小箱を取り出した。

赤と金のリボンが掛けられている。彼の瞳に促され、リボンを紐解く。

   もしかしてリング・・とか?

期待に胸を躍らせながら、そっと箱の蓋を開ける。

中から、弾むように小さなサンタとトナカイが飛び出して来た。

これは・・・・。 待ち合わせ場所で一際目に留まったアンティークショップに並んでいたオブジェ・・・。


 声にならない叫び声が出てしまう。もう一度良く見ると、ゆらゆら揺れるバネの上に
サンタとトナカイが抱き合って揺れている。
・・・・。

   なんて可愛いの・・・これをわざわざ・・?

無言のまま優しい眼差しで、普段は見せたことの無い、はにかんだ表情を私に向けた。

 そっか・・・アンティークショップの時からずっと、見ていたのね・・・。だから・・・ 

と言って笑った。

・・悔しいが、少年のような悪戯っ気のある瞳で笑われると、心配させられた怒りは何処かへ

消え去ってしまう。

わざと素っ気無く御礼を述べると、ディナーの待つ個室へと急いだ。

   
すぐ後を追ってくる彼は、機嫌を伺うように私の顔を覗き込む。

私は微笑みたくなる衝動を必死で抑え、横目で彼を睨む。

彼の口元に浮かんでいた笑みは消え、すぐ真面目な表情に戻り、両手を胸の前に合わせ頭を下げるいつものポーズを気取ってみせた。

 ディナーテーブルの上に置かれた小箱から小さく揺れる抱き合うサンタとトナカイは

温かく柔らかい光を放つ照明の下で、まるで私たち二人のように、幸せそうな表情を浮かべて

いるように思えた。


           Fin
 BY YUKI&BOOH
別窓 | 二次小説&ポエム | コメント:16 | top↑
<<☆レッドカーペット観覧応募☆ | カリブル隊 | ☆Sweeney Todd レッドカーペット応募のご案内☆>>
この記事のコメント
ペンネーム
ウケましたv-408
>ユキぶー
って!!爆
コメディ作品専門・・って感じ~☆☆
いいですねーズッコケジョニー・・v-355なんちゃって^^;

恋空・・あぁそうだったんですかー文明は発達しているのですねぇ~。。って
お前いつの時代生まれだよ。。i-232
じゃっ、次回作、案練り練りしておきますかv-355
2007-12-22 Sat 08:21 | URL | YUKI #Hc8lDV/E[ 内容変更] | top↑
藤子不二雄 (爆)
それもいいかも~v-408
ペンネーム:ユキぶーv-276v-285

今映画でやってる恋空って、携帯小説からでたやつでしょv-411読まれた回数や評価でランキングに載ったり人気が反映されたりもします。携帯から閲覧できることから、活字離れした今日でも、本と違って気軽に読めるので人気がありますよv-411要は小説版YOU TUBE見たいなもでしょうかv-393短い物から、一年以上連載続いてるものなど多彩ですよv-398
2007-12-22 Sat 00:59 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
うにゃ~
↑タイトルは猫語なイメージです。
意味は特にありませんi-239
うーむ・・・残念無念。。v-406ほんっとに、ぼーちゃま様がお書きになったらば、凄く素敵な
内容になると私は確信しているからこそお勧め申し上げたのですが~。。v-390
読みたいなー・・オリジナル・・v-353(まだ言ってる)
私がざっと簡潔に考えたストーリーボード・・お題(テーマ)を出して、ぼーちゃま様の想像力で
執筆するというのもいいかも~i-178
なぁんて思ったり・・i-179してます。よろしければ、これでどうでしょう~?
携帯小説ってあるんですかーv-405世間に疎いモンで・・v-356
私&ぼーちゃま様という構図は、漫画で表すと藤子不二雄?ってイメージになるのかしら~☆
投稿すると、反応があるとかですか?持ち歩けるお話ですかーなるほどーv-433
2007-12-21 Fri 23:53 | URL | YUKI #Hc8lDV/E[ 内容変更] | top↑
まさにラブロマンスだよv-344少女まんがを、文章で書いた感じかもv-361だから、簡単に頭に入ってくるからすぐに読めるのv-356
2007-12-21 Fri 23:30 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
ぼったまのはめっちゃ可愛いんすよ~v-345
私は20代の可愛らしさを感じてなんか思い出しちゃう…
ん!?いやいや思い出すじゃなかった私も永遠に25だからv-364v-364
私漫画ばっか読んでたんですが高校生の頃「折原みと」て人の小説が学校で流行り
めずらしく色々読んだんです~v-87
こんな感じできゅんきゅんきましたよv-345
ぼったまホント上手いですよv-20
挑戦されないなんてもったいないわ~v-390
ハーレ区員(にっしーしゃん気に入りましたv-411
本屋で見かけますが読んだことなかったです~
なんかエッチなんかな~っと思ってたんすけど…v-401違うのかなv-388
ハーレがハレンチってことかな~ってずーーーーーーっと思っててv-401
どうやら普通のラブロマンスみたいですねv-356はずかしっっv-393
2007-12-21 Fri 19:33 | URL | ☆パイ #NkOZRVVI[ 内容変更] | top↑
YUKIちゃんとボーちゃんのコラボ、いいんじゃない?

なんでもチャレンジよv-4
ハーも後押しします!!
2007-12-21 Fri 18:06 | URL | ジョニハー #-[ 内容変更] | top↑
ハーちゃんに一票v-219
後から付け足す二次作品ってのは簡単な事なんですv-294基がいいから、良いものが描けるんじゃないですかv-411
2007-12-21 Fri 16:47 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
今でも売ってるよ~
月間か、週刊で、外国の方ばかりが書いたハーレクインロマンスシリーズ売ってると思うよv-285値段も安くて、一冊読みきりだったはずv-398確か@~たんも知ってるよねv-361あまり有名ではない方が書いてた様な気が・・・小説家への登竜門みたいな感じだったきがするんですが・・・v-401
YUKIさん、それは絶対、無理ですv-398前にも言いましたが、YUKIさんの文章構成が皆を引き付け、ぼたまに、空想の世界を抱かせるんですv-354ぼたまに、文才があるわけでは決してありませんv-363v-363きっぱり言うv-436ぼたまから、YUKIさんへお願い。YUKIさんが原作を描いたのを、ぼたまが脚色し、それを携帯小説に投稿するってのはどうでしょう??今は誰でも、投稿できるんですよ~そんな甘い世界ではないでしょうが・・・素人の書いたのでも、結構泣けるのが有るんですよ~短編から長編、色んな分野の小説があります。良かったら考えてみて下さい。

コメントできるようになって、良かったねv-392ウイルスかなと、心配したでしょv-356
2007-12-21 Fri 16:36 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
YUKIちゃん!!
ボーちゃんのアレンジは、オリジナルがしっかりしてるからできるのよv-218

ピアノ弾くときみたいに、楽譜がしっかりと書いてあって、それに、自分用のちょっと強弱を変えてみたりして楽しむようにねv-219

そっかー、YUKIちゃんも表に出すまでは、何度も推敲して、
食べたいのに食べる気がしない天ぷら状態なのね~。
ボーちゃんの動画作りと一緒ね。

それを私たちは楽しませてもらって、なんという贅沢なコトだろう。

ボーちゃんがオリジナルを作り始めたらどうなっちゃう?
レジ打ち間違える??
2007-12-21 Fri 16:27 | URL | ジョニハー #-[ 内容変更] | top↑
大人っぽい??
ボーちゃんのアレンジの方は、YUKIちゃんのオリジナルに、大人っぽさをつけたしたような小説だねv-354

やっぱりこれは、ボーちゃんとYUKIちゃんの歳の差なのでしょうか?v-389

「彼」が突然いなくなったときの、「彼女」の心理状況がとってもいいね~!!
ひとり、あーでもないこーでもないって不安なことばっかり考えちゃうんだよね。

で、その後の、ふたりの「愛」を確かめ合う「抱擁」・・・へと続いて、とっても完成度の高い小説になったねv-363v-363

へぇ~、ハーレクインロマンスかぁ・・・。
ちょっと読んでみたくなったなぁ・・・。
ボーちゃん、たとえば、どんなタイトルの小説があるの?
単行本になってるんかなぁ?
2007-12-21 Fri 16:13 | URL | ジョニハー #-[ 内容変更] | top↑
まずはこちらで^^
ぼーちゃま先生の傑作v-353感想コメ書かせて頂きますっv-355
率直に申し上げますと・・素晴らしい~!!の一言。何をどーしてあーしてこーすれば、こんなに
ロマンティツクで熱い内容に衣替えしちゃうんでしょうかっ!いえーホントに冗談ヌキでですねぇ・・。
わたくし、ボーちゃま様のこのまとめ方には、自信喪失するほどの衝撃を受けました(笑)
。。しばらく立ち直れない程・・。あたいの文って一体なんなのさ~酒だっ酒v-305もってこーい!
ってカンジ?爆。
コホン・・v-355失礼しました。真面目にコメします。まず、分かりやすい。明るい。ストレートで可愛い。私が闇ならぼーちゃま様は光です。ここで、是非お願いしたい事がございます。今後、是非独立なさり、オリジナルを執筆ご検討頂きたい所存です。ここまで書ける文才が発覚した以上、新しいお話で是非!!お話はムリとおっしゃってましたが、私も基本はジョニー&おなご のみです^^後はどれだけ付録をつけるか だけの違いです。実際の所、私自身、何度も書き&直し×?回をやっていると、出す頃は既に萌えつき・・。
ので、新鮮なお話に大変飢えております。私とは全く異なる魅惑的なハーレな世界を描き出せるぼーちゃま様ならではを是非、切望いたします。きっと自分でも驚くような発見があると思います。(私自身、そうでしたから)本当に、真剣に私はそう思っていますので、何卒ご検討下さいませ。よろしくお願い致しますe-466長々と失礼しましたv-356
ハーレな小説e-266読んだ事が無いのですが、ぼーちゃまん様の内容の方が確実に興奮しますv-402i-178
2007-12-21 Fri 16:12 | URL | YUKI #Hc8lDV/E[ 内容変更] | top↑
ジョDさ~んヽ(^o^)丿
ハーレクインロマンス・・・その昔、ぼたまが恋する乙女だった頃v-513週刊だったか月刊だったか忘れたけど、出るたび買って読みあさってましたv-402難しくない読みのもなので、あれは文学じゃないって、誰かの評論に書いてあった気がするけどv-356ぼたまは大好きでしたよv-294好きな人と、自分をだぶらせ読んでましたv-402ポッ
2007-12-21 Fri 07:31 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
宝石散りばめてみましたv-20
って言うのは嘘v-396
今までの雪が、PCによってはただの□に見えるらしいのよv-404だから、変えてみたv-411カーソルに付いてくるから見にくいかなv-390
皆しゃん、長々とした文書読んでくださりありがとさんですv-436
2007-12-21 Fri 07:23 | URL | ぼっちゃマン #yl2HcnkM[ 内容変更] | top↑
No title
 ジョニーに嫉妬されるなんて・・最高~ 
それだけで思い残すことはない(笑)
 カーソルをクルクルすると、
キラキラv-352がついてくる~
 小説の世界にぴったりv-354
2007-12-21 Fri 01:40 | URL | びーぐる #O41bhH7A[ 内容変更] | top↑
こっちもいいよー
ぼーちゃん素敵よ~v-10
私はハーレクインロマンス読んだこと無いけど
きっとこっちの方がいいよv-426
ジョニーに「俺の前で他の男と話をするな」なんていわれてみたい・・・v-398
2007-12-20 Thu 21:31 | URL | ジョニー・D・グッド #-[ 内容変更] | top↑
少し強引な感じ。。ジョニーらしい気が・・v-10
このページについてくる、キラキラもクリスマスっぽくって可愛い。YUKIさん、ぼたま、ありがとうe-415
2007-12-20 Thu 19:47 | URL | にっしー #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| カリブル隊 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。